AX

もぐら日記

低AMH・高FSH 顕微受精を経て妊娠した 35歳の日記

二人でいられたことが幸せだったことに今更になって気づいた話


沖縄に行きたい。けど、今年はお金を貯めなきゃならないからどうしても行けない。だから去年行った沖縄のことを思い出していた。


去年は始めての体外受精の採卵が終わり、移植に向けてピルで体調を整えている最中に沖縄に行った。夫婦で沖縄に行くのは2回目で、観光地は1回目に色々行ったから二人でゆっくりしようと決めていた。


安宿に泊まって、宿の自転車を借りて夜中にスーパーまで走ったり、ベランダに出てアイスを食べたり、公園で散歩したり、亀を見に座間味島に船で行ってビーチで亀と泳いだり、市場をぶらぶらしたり、猫を触ったり、とにかく最高に楽しかった。朝からむわーっと暑くて、「何この暑さ!最高なんだけど!!」と二人で話しながら毎日出掛けた。




そして、今後あのように二人で旅行するのは出来なくなるっていうことに気がついた。ちびが産まれたらちびが最優先で、二人で好き勝手に遊んだりは出来ない。




私は結婚してからとにかく早くこどもが欲しくて、こどもが出来ないでいる毎日が幸せでは無いと思っていた。よく子持ちの人とかには「良いなぁ二人で出掛けられるなんて、こどもいたらそんなの出来ないからね。羨ましい。」と言われたけど、こどもが欲しい私にはその言葉は全く響かなかった。こどもがいる方が幸せに決まってるじゃん、夫婦で旅行なんか出来なくてもこどもがいるならそれだけで良いじゃん!と、思っていた。夫は「こどもなんかいなくてももぐらちゃんがいれば良いよ。こどもがいたら出来ないこといっぱいあると思うし。」と言っていた。でも、私には響かなかった。こどもがいて出来ないことがあっても、こどもがほしかった。



生理が来ては泣き、体外受精をすればすぐに結果が出ると思っていたのに全然卵が育たずに泣き、こどもが欲しいと思うようになってから私は本当に泣いた。「こんなに泣く大人はあなた以外に見たことないよ。」と夫には言われていた。



でも、あんなに泣いて苦しんでいた日々も、いつも夫と仲良くいられた。二人で笑いあって、一緒にお風呂に入って、いつも腕を組んで寝た。




私が小さい頃、私の両親は不仲で、喧嘩の絶えない夫婦だった。会話も全然なかったように思う。私はそんな両親を見て育ち、こんな家で育った自分はきっと結婚しても幸せになれないと思っていた。でもそんなことは無かった。夫と結婚して、友達からも親戚からも「本当に仲良いよね。」と言われている。大好きな人と結婚して、いつも仲良くいられて、私は昔夢見ていた暖かい家庭を築けている。





ずっとこどもが出来なくて悩んで苦しんでいた日も、いつも二人でいられた。ちびが産まれたら、もう二人ではいられなくなる。今まで当たり前に出来たことが出来なくなる。これまで二人でいられたことは、本当はすごく幸せなことだった。これからは二人ではなく、三人になる。夫婦二人でいられる時間はあと少ししか無くなってしまった。私はこどもが出来なくて不幸な人では無く、夫婦仲が良くて幸せな人だったはずなのに、今までずっと気付けなかった。




あと少しの二人の時間を大切に、ずっと忘れないように生きていきたい。

19w1d 性別判明

二ヶ月程前、夢の中に小さい男の子が出てきた。物陰に隠れてこっちを見ていて、ニコニコと笑っていた。目がキラキラしてすごく可愛い男の子だった。



昨日は妊婦健診に行ってきた。
そこで性別が分かった。男の子だった。「これは確実ですね。」と先生に言われた。ちびの体育座りを下から見せてもらって、しっかりモノを拝むことが出来た。やっぱり夢に出てきたあの子はうちの子だったんだと思った。




正直、夫と二人の予想ではお腹の子は女の子なんじゃないかなぁと考えていた。女の子の場合は既に名前も決まっていて、姪を溺愛している夫は女の子であれば良いなと思っているようだった。これまで妄想に出てくる私のちびはいつも女の子の服を着ていた。男の子のベビー服は可愛いものが少ないのもあって、女の子の服を着ている方が妄想が捗った。




帰宅した夫に男の子だったよーと伝えた。女の子と予想していた夫は驚いていたが、喜んでもいた。



両親にも伝えた。義父はこれまで何も言わなかったけど、本当は男の子が欲しかったようだ。夫が長男だし、まあわかる。みんな喜んでいた。



男の子だったのか。あんなものをぶら下げて今私のお腹で育ってるんだと思うと、愛おしいし面白いしでニヤニヤしてしまう。性別がわかるとぐっと親近感が湧いた。男の子の名前はまだ決めかねていたから、また考えないとな。イケてるスタイも手作りしてあげないと!

ブログ開設から半年


ブログを始めて半年経ったらしい。はてなブログからのメールで知った。


今年に入ってからこのブログを始めた。今年はおみくじの内容がすごく良くて、これは不妊治療もうまくいくんじゃないか?とすごくすごく期待していた。(私は毎年おみくじの内容を盲信している。)もう、子どもが出来ないことで悩まなくて済むんだ!良かった!と思い込んでいた。




お正月義実家に親戚が集まった。
義姉は妊娠してお腹が大きくなっていた。
私達夫婦よりずっと後に結婚した夫のいとこ夫婦が義実家に着いた時、みんなの様子からいとこのお嫁さんは妊娠しているんじゃないかと思い込んだ。自分達だけが妊娠していることを知らせてもらえなかったことに落ち込んで、その場に居ることが辛くて隠れて泣いた。実はいとこのお嫁さんは妊娠してなんかいなくて、ただ義実家は皆とても良い人達だから、普通に温かい言葉をかけて居ただけで、私の勘違いだったと後々分かったけど、その時はそんなことを知らないから自分達だけ妊娠を知らせてもらえなかったとすごく悲しい気分になった。






自宅に着いてからわんわん泣いた。もうずっと不妊治療をしていて、何回も採卵してもうまくいかなかったのに、おみくじの内容が良かったってことだけで舞い上がってバカみたいに喜んでしまった自分が悲しかった。他のみんなは簡単に妊娠出来ている様に見えて、私だけが苦しんでいる気がしていた。



そして気持ちの整理をつけたくてブログを始めた。不妊治療を始めてから既に一年半が経っていた。一年半、どこにも気持ちを吐き出さず自分の心の中だけに溜め込んでいた。何回も何回も泣いた。もっと早くにブログを始めていれば良かったのに。一人で悩まないでも良かったのに。ブログを始めることで気持ちの整理をつけることが出来た。辛いのは自分だけではないと気付くことが出来た。自分の書いた文章を見てくれている人がいることは、治療を続けていく上で大きな励みになった。





昨日、義実家に行って義姉と6カ月の姪に会ってきた。姪は身内の贔屓目抜きにしても本当に天使の様に可愛い。姪は義実家のアイドルで、姪の一挙手一投足に大人達は翻弄されている。夫も姪が大好きでずっと抱っこしている。私も抱かせてもらった。ニコニコしてご機嫌でプクプクで本当に可愛い。


自宅に帰ってから夫は、「モグラちゃんが〇〇ちゃん(姪)を抱っこしているのを見ると幸せだよ。前は、赤ちゃんをわざと遠ざけているように見えたから。」と言った。
私は、「嫌いで遠ざけてたわけじゃないよ?赤ちゃんも子どもも大好きだけど、自分達のところには赤ちゃんが出来ないことを考えると可愛ければ可愛いほど辛くなるからあまり触れ合わない様にしてただけだよ?」と伝えた。
夫は「そんなこと分かってるよ。モグラちゃんが子どもを大好きなことは出会った時から分かってたよ!(夫とは同窓会で知り合い、その時友達の子どもと遊んでいるところを見られていた)だから、モグラちゃんが昔みたく子どもと普通に接すれる様になって本当に良かったなぁって嬉しいなぁって思うよ。」と話してくれた。








それから二人で「今まで大変だったね。良かったね。チビがお腹に来てくれて良かったね。幸せだね。」と言いながら泣いた。







ブログを始めて本当に良かった。始めてなかったらきっとこんなに頑張れなかった。ここまで頑張ってこられて本当に良かった。

人前での授乳


小さい頃、遠い親戚のおばさんがみんなが食事をしている前で急に授乳を始めたのを見たことがある。




おばさんは胸を隠す訳では無く、完全にポロリして授乳を始めた。周りの大人の反応がどうだったかは覚えていないけど、それを見た時に私は「大人になったらみんなの前で裸になって赤ちゃんにおっぱいをあげなくちゃならないのか。大人になるのは嫌だなぁ。」と思った。



最近、母親教室に行っている。
そこで二ヶ月の赤ちゃんとママとの交流会があった。赤ちゃんのママのうち二人がみんながいる前で授乳を始めた。男性の保健師さんもいる前で。授乳服を着ていた様で、胸は見えはしなかったけど驚いた。一人のママは挨拶の番が回ってきて、「授乳中すみません〜。」と言いながら赤ちゃんの口を乳首から離したので、シュポっておっぱいを吸っていた音が響いた。




赤ちゃんがお腹を空かせていたら授乳するのが当たり前で、人前でもなんでも授乳始められちゃうのか。当然授乳室も用意されていたんだけど、そこに移動しないで人前で授乳しちゃうんだ。赤ちゃんが泣いたら赤ちゃんが最優先!授乳服なら見えないし人前で授乳もOK!になるのか。



全く見ず知らずの人が大勢居る前で、しかも男性が居る前で授乳できちゃう人の気がしれない。恥じらいってどこにいったの?母親になる時に全て捨ててきたの?授乳服だからOK!じゃないよ。ケープしてても嫌だよ。その布切れ一枚の下でパイ出しして、赤ちゃんが吸ってるんでしょ?授乳室あるんだから移動しようよ。せめて、隅のわからない所(これも嫌だけど)に移動しようよ。



赤ちゃんがお腹空かせて泣いて愚図るのがかわいそうとか、母親になったのだから赤ちゃんを優先して当たり前とかそういうのもわかるけど、ちょっと異常な光景だなと思った母親教室だった。「ママは大変なんだな。」などと大らかな気持ちで見てはいられない。むしろ「ああいう風には絶対になりたくないな。」と思った。




決して授乳をしている姿が嫌だった訳ではない。家族や友達だけの前の話なら「ちょっとおっぱいあげるねー ポロリ」も全然当たり前にして下さいって思う。それは微笑ましい光景だと思う。人前ですることに違和感があっただけ。母親になったら日常的に授乳をするんだろうけど、人前でするのはおかしいよ。布切れ一枚で隠れてても人前でパイ出しするのはおかしい。授乳服ならどこでもOK!じゃないよ。




あとで他の妊婦さんと、「人前で普通に授乳してましたよね〜。男の人も居たのにびっくり〜。」って話しあったけど、あの授乳ママも見た目は本当に普通の人に見えたし、今母親教室に通っている中の人にもきっと人前で授乳を始める人が出るんだろう。




つって自分もそうなったら怖いわ。気をつけよう。

16w1d 安定期に入る

昨日から安定期に入った。
一応、体調の変化など忘れないために記録しとく。



8週
立ち仕事で尻筋が痛い。
なんとなく肉が食べたくなくなる。



9週
23時を過ぎると後頭部表面が痛くなることが連日続く(後頭神経痛か?)



10週
後頭神経痛対策に頭皮エステを購入。マッサージで痛みは改善される。頭皮エステを使わないと再び痛みが出る。



11週
尻痛治まる。
偏頭痛が始まる。カロナールでは弱すぎて効かず、仕事を一日休む。



12週
偏頭痛続く。



13週
偏頭痛が起きる頻度が低くなる。
耳が詰まった様な感覚。音が聞こえづらく、自分の声が響く。(耳管開放症?)妊娠でホルモンバランスが変化しての影響らしい。
太って顔が丸くなる。
睡眠時、お腹が苦しくて横向きでないと寝られない。



14週
耳の変な感じが継続してある。
肉を受け付け無くなる。
入浴中、お腹の中で何か動いた様な感覚がある。



15週
母親教室に行く。母親教室は幸せ妊婦の巣窟だった。苦労せず妊娠出来た方々の話を聞き、自分と比べて落ち込む。
体重が少し減る。



16週
安定期に入る。
お腹が出てきて、胸とお腹の境目がデスクワーク時蒸れる。
巨乳化が進む。





◆今後したいこと◆
パート代から毎月5万貯金。
ニセコに行きたい。高橋牧場と五色温泉に行きたい。
登別グランドホテルに行って、バイキングでごはんを食べまくりたい。
腹筋を鍛えたい。
札幌ドームで日ハムの試合を観たい。(特にレアードが見たい)





頭痛は妊娠前からずっとあるから、妊娠してからの変化と言えば、耳の不快感と尻痛、あと肉を食べられ無くなったくらい。それ以外はかなり体調良く、つわりらしいつわりを経験することは出来なかった。健康バンザイ!!!




胎動を感じるには早過ぎる時期(14w6d)から、なんかお腹の中で小さい魚が動いてるような感覚がある。エコーでも元気に動いてるからやっぱりこれは胎動だと思う。元気に大きくなりなさいね!





これから色々入用になるから、働けるだけ働いてお金貯めとかないとな。あと、腹筋を鍛えよう。

出生前診断(出生前染色体検査)@北大病院


13w0d 出生前診断に行ってきました。
長々と検査について書いています。
出生前診断を検討されている方の参考になれば嬉しいです。





私は元々、出生前診断には興味があったが、20万円位掛かるものだと思っていたので受けるのを躊躇していた。色々調べていくうちにカウンセリングと胎児の超音波検査、クアトロテストだけなら3万円位で出来ると知って、受けてみることにした。







北海道で新型出生前診断を行っている病院は北海道大学病院札幌医科大学附属病院旭川医科大学附属病院の3つ。





胎児の超音波検査とクアトロテストは色んな病院でやっているみたいだけど、出生前診断を受けた人のブログなどを参考にして今回はホームページにしっかり出生前診断のことが書かれてあった北大病院で受けることにした。札医は札医で分娩予約をしている人のみ検査を受けられる様だった。




北大病院は火曜のみしか出生前診断の診察日を設けておらず予約がすぐ埋まると言われていたので、妊娠8週の時点で電話予約を入れた。なるべく(と言われたが必ずという印象を受けた)夫婦二人揃って来る様にとのことだったので夫にも休みを取ってもらい当日は二人で受診した。




検査前日、夫が寝た後に泣いた。
ちびはすくすく育っているのに、私はちびに異常があると分かったらこの世から消そうとしている。
普通であれば妊娠出来るはずは無かったのに、高額なサプリを飲んで、注射を沢山打って、薬を飲んで、無理やり卵を育てて、針を刺して採卵して、無理やり精子を注入して受精させて、うまく育った受精卵を選んで、無理やり子宮に戻して、着床出来るようにホルモン注射をして、膣座薬を入れて、薬を飲んで、そこまでして勝手に妊娠した癖に、今度はその子に異常があったら育てられないって言って、この世から消そうとしている。頭がおかしいんじゃないかと思った。産まれてくる子がどんな子であれ育てていこうとどうして思えないのか。そして、なんで自分ばっかりこんな思いをしなければならないのかと思った。普通に妊娠して、普通に産みたかったのに。




でも、検査するって決めた日から一度も検査を受けるのを止めようとは思わなかった。こんなこと本当にして良いのかと思うたび、何度も夫と話し合った。話し合うことで罪悪感を軽くしたかった。簡単に決めたわけではなくこんなに苦しんで悩んで決めたんですって思いたかった。
夫はずっと意見が変わらなかった。
「どんな子でも産む選択を出来る人は立派だと思うけど、俺らには無理だよ。もぐらちゃんが大丈夫でも、俺は自信がない。」
私も、どうしても健康な子を産んであげたいと言う気持ちを消すことは出来なかった。苦しい思いをしてやっと妊娠出来た子だから、どうしても健康に産んであげなきゃいけないと思った。




ベッドで横になって泣きながら、ちびにごめんね、お母さんがごめんねって話し掛けて、お腹を撫でて寝た。







当日は予約の30分前に総合受付で受付をして、3階の産婦人科へ進む。産婦人科には予約10分前に着いて診察室に呼ばれたのが予約の20分後だった。



カウンセリングはカウンセラーの方ではなく、先生が担当してくれた。まず、先生からこれまでの治療歴と出生前診断をなぜ受けようと考えたのかの質問を受けた。



私は長く不妊治療をしていて、顕微授精しかも採卵を5回も行ってやっと授かれた赤ちゃんだし、高齢妊娠なので赤ちゃんが健康であるか不安なこと、もしあらかじめ赤ちゃんに異常があると分かっていたらその子を産んで幸せに育てていける自信がないこと、なるべくなら健康な状態で産んであげたいことを先生にお話しした。





その後先生から出生前染色体検査についての説明を1時間程受けた。先生は丁寧にわかりやすく説明してくれた。病院と言えども商売だから、お金の掛かる新型出生前診断をすすめられるかと思ったけど、全然そんなことは無かった。カウンセリングだけで、検査をしないと言う選択肢もあるし、心配なら確定診断を受けても良いけど、今のところ夫婦に遺伝的な心配は無いようだし超音波だけとか、もうちょっと進んで組み合わせ検査をしてみるとかでも良いと思いますよって。



ただ、非確定的検査(超音波・クアトロ・組み合わせ検査)で陽性が出た場合、その結果だけを信じて確定検査(羊水・絨毛検査)に進まないで中絶をすることだけは絶対にやめてくださいと何度も念を押された。






◾️◾️北大病院で行なっている出生前染色体検査◾️◾️
◆非確定的検査(染色体異常の疑わしさの確率を調べる・リスクは無し)
①妊娠初期胎児エコースクリーニング検査・・・5300円
②母体血清マーカー検査(クアトロテスト)・・・約2万円
③①と②の二つを組み合わせた検査・・・約3万円
④母体血胎児染色体検査(新型出生前診断・35歳以上対象)・・・約20万円

◆確定検査(赤ちゃんの染色体を直接調べる・染色体異常が確実にわかるが、母体・赤ちゃんへのリスク有り。検査を受けたことによる流産が0.3%起こる)
⑤絨毛検査・・・約8万7千円
⑥羊水検査・・・約8万7千円

※金額はこの他に遺伝カウンセリング料として1万円かかりました。

◆実施時期
①・③・⑤・・・11週〜13週
④・・・10週〜22週
②・・・15週〜18週
⑥・・・15週後半以降













カウンセリングを受ける前は超音波とクアトロテストを受けるつもりでいたが、カウンセリングを受けてみて超音波だけにすることに決めた。
理由は陰性的中率の高さ。非確定検査は陽性と診断された場合の陽性的中率(陽性診断が本当に陽性である確率)が低いので、陽性であった場合は確定診断に進む必要があるけど、陰性と診断された時の陰性的中率(陰性診断が本当に陰性である確率)がかなり高い。35歳で非確定検査を受けた場合の陰性的中率は99.92%を超えている。


年齢が高くなる毎に的中率は低くなるけど45歳で非確定検査を受けた場合でも、陰性診断の陰性的中率は98.7%以上なので非確定でも陰性と判断された場合はかなり信用できる結果だと思えた。






中でも35歳、妊娠13週の超音波検査が陰性の場合の陰性的中率は99.958%と言うことなので、超音波検査一本だけでも陰性と判断された場合はその結果を信用することにした。
仮に陽性が出た場合は、その時に結果を受け入れて検査終了にするか、確定診断を受けるかを考えることにしてそこではひとまず考えるのをやめた。



カウンセリング後、超音波でお腹を診てもらった。夫は初めてちびの姿を見る。ちびは元気に動いていた。検査の不安より、夫にちびの姿を見てもらえた嬉しさの方が勝った。元気なちびを見て、夫は感動して涙が出たと後で話してくれた。



超音波検査では赤ちゃんを直接超音波で見て、ダウン症・13トリソミー・18トリソミーである確率を推定する。 (染色体異常の特徴的な所見としてNT(頚部浮腫)・鼻骨の不形成などがある)
その他に赤ちゃんの形態的な異常がないか(脳・脊椎・腹部・胃・膀胱・手足など)も診てもらえる。



超音波は1時間位診てもらえた。ちびがうつぶせになっていたので、頚部のむくみを測ることが出来なくて途中15分位階段を上り下りしてきて下さい。その後もう一度赤ちゃんな向きが変わったら見てみましょうと先生から言われて席をはずした。





この子はうつぶせ寝が好きみたいですねって先生に言われていて、つまり私の体の方を見て寝てるのが好きってことですごく可愛く感じた。自分で手足を動かして、小さいながらもきちんと指が5本ずつあって、偉いなぁ可愛いなぁってニヤニヤしながらエコーを見ていた。




検査は1時間半から2時間くらいかかると電話予約の時点で言われていて、当日は結果を聞くまでに全部で2時間半ちょっとかかった。




妊娠初期胎児エコースクリーニング検査の結果は染色体異常の所見も形態的異常の所見もなく、元気な赤ちゃんですと先生から診断を受けた。





今回検査を受けてみて、受ける前は障害を持った子が生まれてきたら育てていける自信がないと思っていたけど気持ちが変わった。検査もかいくぐって、自然に淘汰されずに生まれてきた赤ちゃんはすごく強い子だと思うし、障害を持っていても二人で育てていける。夫とも、「赤ちゃんが元気でひとまず良かったね。でももし、障害を持った子でも産まれてきたからには受け入れられるね。もう大丈夫だね。」とお互いに言い合った。




今回の検査代は全て合わせて、15,308円。これで安心して赤ちゃんを迎える準備が出来る。赤ちゃんが障害を持って産まれてきても育てていける自信もついた。検査を受けて本当に良かったと思えた。





ちびちゃん、お母さんが勝手に色々調べてごめんね。でも元気そうで安心したよ。もう何も心配しないから元気で大きくなってね。夫と一緒にちびを見れて嬉しかったよ。夫は今までも優しかったけど、ちびを見た後はこれまで以上に私を気遣ってくれると思う。ちびが私の中で生きているんだって実感出来たって。









出生前診断については色々な考え方があると思いますが、私は検査を受けて本当に良かったと思えました。夫ともこれから一緒に頑張って育てていこうと、強く思い合うことが出来ました。

12w2d 偏頭痛


頭が痛い。
元々偏頭痛持ちだけど、妊娠してからしばらくは頭痛が無かった。10週後半から偏頭痛が出始めて、最近は二日に一度痛む様になった。


妊婦でも飲める頭痛薬は全然効かないし。薬飲んでも治らない日は横になってじっとしてるしかない。偏頭痛もつわりの一種らしいから、いつか治まる日が来るのかな?


妊娠してからずっと体調がすこぶる良かったけど、ここ最近寝て過ごすことが出てきちゃった。本当、つわりで苦しんでるみなさんとは比べ物にならないくらいのことだとは思うけどさ。



4ヶ月に入ったちびはすくすく育ってるようで、食事の後はお腹が丸く出るようになった。可愛いちび、大きくなってね!


偏頭痛には水分摂取が良いらしいから、明日から2リットル水分摂るようにしよーっと。