AX

もぐら日記

低AMH・高FSH 顕微受精を経て妊娠した 35歳の日記

12w2d 偏頭痛


頭が痛い。
元々偏頭痛持ちだけど、妊娠してからしばらくは頭痛が無かった。10週後半から偏頭痛が出始めて、最近は二日に一度痛む様になった。


妊婦でも飲める頭痛薬は全然効かないし。薬飲んでも治らない日は横になってじっとしてるしかない。偏頭痛もつわりの一種らしいから、いつか治まる日が来るのかな?


妊娠してからずっと体調がすこぶる良かったけど、ここ最近寝て過ごすことが出てきちゃった。本当、つわりで苦しんでるみなさんとは比べ物にならないくらいのことだとは思うけどさ。



4ヶ月に入ったちびはすくすく育ってるようで、食事の後はお腹が丸く出るようになった。可愛いちび、大きくなってね!


偏頭痛には水分摂取が良いらしいから、明日から2リットル水分摂るようにしよーっと。

セクハラだなんて云えないよ


今日久々におじさんと仕事をした。
このおじさんとは全然仲良くはないけど、職場で唯一私の妊娠と不妊治療のことを知っている人(突っ込まれてうっかり話してしまった)。おじさんは、他の不妊治療している社員の話を私にベラベラ喋ってくる人だったので、私は信用していない。だからプライベートな話をするのを極力避けるようになっていた。



朝から隣で仕事をしていて、おじさんはなんだか私の体をチラチラ見ている気はしていた。まぁ、お腹が気になってるんだろうなと思って放っておいた。



午後になっておじさんが話しかけてきた。
「そういえば、もぐらさん今何カ月なの?」
三カ月です〜と他の人に聞こえないよう返した。
「そっか。じゃあもうオッパイとか大きくなってきてるんじゃないの?!」気持ちの悪いジェスチャー付きでおじさんは言ってきた。



言われた瞬間全力で引いた。気持ち悪くて、苦笑いして、自分ではまだ分からないですけどね〜と返すしかなかった。
明るい人なら「やだーセクハラじゃないですかー?」とかって笑って返せるのだろうか。私は無理だった。気持ちが悪すぎる。結婚してて、35歳過ぎて若くないからおじさんの中では色々言ってもセクハラに値しない人として認定されてるのではないかな。おじさんに何言われても、愛想笑いで返すしかない自分が不甲斐なさすぎる。



その後おじさんは、「性別どっちかわかったの〜?絶対もぐらさんは男だと思うよ〜!俺わかるもん〜」などと大きな声で話していた。安定期に入るまで会社には言わないから黙っている様にお願いしてあったのに。イライラするから放っておいた。



家に帰って夫に話した。おじさんに妊娠のことと不妊治療の事をうっかり話してしまったこと。夫は私に呆れていた。人に対しての見る目の無さと、良く考えもせずに色々話してしまうことを注意された。途中呆れ過ぎて話が入ってこなかったって。今回のことは、自分が蒔いた種だって。



いや、そうなんだけどさ。おじさん、穏やかで人当たりの良さそうな顔してるんだもん。パートの私にも明るく話しかけてくれるし、良い人だと勘違いしてしまったんだもん。間違った印象だったけど。それに私は生まれついてのコミュ症だから、聞かれたことに対してうまく誤魔化したり出来ない。



嫌なことを言われた時、それセクハラですよ〜!やめてください!と返せたら生きていきやすいんじゃないかと思うけど、そんな風に言えない。言わないとどんどんエスカレートしてしまうと思っても言えない。黙って苦笑いして、おじさんをつけあがらせてしまうしか出来ない。うまく生きていきたいな。

妊娠と尻痛

数日前から尻が痛い。


立ち仕事をしていたら、以前は感じなかった尻筋に痛みを感じるようになった。一度痛み出したら一日中痛い。


これは絶対妊娠が関係していると思ってググってみたら妊娠初期に出るホルモンのせいだった。


妊娠して尻筋が痛むなんて聞いたことない。便秘が〜とかつわりが〜とかしか聞いてない。私は便秘もつわりもなく尻筋が痛いタイプだった。


早速尻筋痛に良いと言うワコールの骨盤ベルト買って着けてるけど、すぐにずれてきてどうしようもないし。ある程度値段したのにどうしようか。夫様、お金無駄にしちゃったらごめんなさいね。

子ども出来ないの?と聞かれた話


昨日仕事中に職場のおじさんに話しかけられた。すごく穏やかで優しいおじさんだから油断して色々話してしまった。



子どもいるのかい?から始まり、今いくつだっけ?結婚するのが遅かったの?今が35歳ならリミットまでもうすぐでしょ。今なら40歳過ぎても産む人いるけど、障害の問題がね〜。など普通は職場のそこまで話したことのない人に対して踏み込まないところまで急激に踏み込んでこられた。


そして、あれかい?子ども出来ないの?って質問がきた。咄嗟に、まだ職場には伝えていないけど実は今妊娠中なんですと答えてしまった。安定期までは黙っていようと思っていたのに、つい口から出てしまった。病院はどこ?と聞かれたので、札幌なんです〜と答えたら、え、なんで?と不思議がっていて、不妊治療をしていたので(遠くの札幌の有名な病院まで通っていたんです)。と馬鹿正直に答えなくて良いことまで答えてしまった。



全て答えた後に後悔した。この手のタイプは他の人にも悪気なく色々話してしまうだろう。実際私にも、自分の周りの〇〇って奴も、子ども出来なくて治療して妊娠したんだけど途中で流産しちゃったんだよな〜。やっぱり歳いってたからな〜。と知らない人の情報を話してきた。想定していない質問が来て、考える暇なく全部答えてしまった。不妊治療の話は職場の人に知られたくなかったのに。




妊娠していない時に、子ども出来ないのか?って質問が来たらどう返していたんだろう。そうなんですって答えて、平気な顔をして、家に帰ってから泣いたんだろうか。おじさんは妊娠出来なくて悩んでいる人がいるって定年間近になるまで気が付かないで生きて来たんだろうか。



何も苦労せず子どもに恵まれた人にとっては、結婚して何年も子どもがいない家庭が理解出来ないのかな。何で早く産まないんだ?仕事辞めればすぐ出来るのに、夫婦仲悪いのか?子ども嫌いか?とかってことしか考えられないのかな。


おじさんはすごく穏やかで優しい人っていう印象の他にすごく無神経で考えの浅はかな人っていう印象が追加された。

8w5d 義母の反応にモヤモヤ


今日は両親に妊娠の報告に行ってきた。

まずは私の両親。私の両親は不妊治療をしていたことを知らないので、単純に喜んでいた。あら〜良かったね〜!!って感じ。


次は夫の両親。夫から報告を聞き、不妊治療をしていることを知っている義母は泣いて喜んでいた。「大変だったもんね〜?良かった〜。おばあちゃんがすごく心配していたから生きてる間に報告出来て良かった〜。」きっと、夫の祖母は相当しつこく私たち夫婦が妊娠しないことを心配して言っていたんだと思う。祖母は義母にとっての義母だから、しつこく言われても強く言い返せなくて困っていたんだと思う。


そして、自宅に着いたら義母からLINEが来ていた。


無事家に着きましたか?
今日は母の日にプレゼントありがとう~
そして何よりのプレゼントもありがとう(baby)
凄く嬉しかったです\(^^)/
安定期までは無理をしないで大事にしてね。


私の妊娠は義母へのプレゼントではない。なんか言い方にモヤモヤして夫に愚痴ったら「ただ喜んで嬉しくて出た言葉だし、普通に喜んでもらえて良かったなっていう風にはとらえられないの?そういう風にいちいち捻くれてとる人が自分の奥さんだと思うと嫌になるよ。」
だって。



夫の言っていることもわかる。特に何も考えず出た言葉かもしれない。気にしない人にとっては全く引っかからない言葉かもしれない。でも、私は気になる。なんで嫁の妊娠が自分へのプレゼントだという解釈になるのか理解出来ない。普通におめでとう良かったね〜なら何も気にならなかったのにな。


実の親なら直接文句も言えるけど、義両親には引っかかることがあっても何も言えず溜め込んでしまう。不妊治療を始めたことを義両親に報告して以来、義母のことを苦手に思うことが増えてしまった 。

8w2d ちび


チビは大きくなっていた。19mm。心拍もしっかりあった。頭と手と胴体が分かるようになっていて、可愛かった。



昨日はあまり眠れなかった。夫が寝た後、トイレに起きてそれから心配になって色々考えた。



親に妊娠したことを言っておけば良かった。安定期まで報告は待とうと思ってたけど、心拍聞こえたしもう伝えておきたい。チビに万が一のことがあっても実の親だし、少しくらい気を使わせても良いや。今の嬉しい気持ちを伝えておきたい。


あと、会社の人とか友達関係には妊娠のこと話して無くて良かった。余計な気を使わせたくない。とりあえず12週までは言わないでおこう。



チビ、大きくなってね!お母さんとお父さん待ってるからね!


帰りに寄った妹家のネコ。箱の中から猫じゃらしを狙っているところ。

8w1d 体温が下がった

今朝体温を測ったらぐっと下がっていた。
ぎょっとして、もう一回測った。やっぱり下がっている。


体温を再検している間、ボーッとした頭で一番先に考えたのが体外受精助成金の事だった。お腹のチビのことでは無かった。所詮その程度の母性なのかと思って自分にがっかりした。


つわりと言うものがないから高温期を維持していることがチビの存在を感じられる唯一の方法だったから、心拍確認後もずっと検温を続けてた。


明日、病院に行く。ダメでもダメじゃなくても明日わかる。本当はチビは大丈夫だと思ってる。ただ、ダメだった時のショックがなるべく小さくて済むように一応心の準備をしておこう。