AX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もぐら不妊治療日記

低AMH・高FSH 35歳の不妊治療日記

これまでの治療のこと①

 

 

私達は2013年の夏に結婚した。私はすぐにでも妊娠したかったけど、旦那が新婚旅行はどうしても行きたいし、しばらく二人の生活を楽しみたいって言うからしょうがなく避妊してた。今思えば、この時期に不妊チェックを病院で受けておけば良かった。

 

 

半年後、新婚旅行も終わったしってことで子作り開始。それまでは健康体のかたまりだと自負していて、妊娠も苦労しないだろうと思ってた。

 

 

半年しても妊娠しないから、自宅近くのレディースクリニックで検査。一ヶ月一通り観てもらって、少しFSHが高いけど、まあ大丈夫でしょうと。ここのクリニックはAMHの検査はしていなかったし、この時点ではそんな検査があるとは知らなかった。卵管造影もしたし、しばらくは妊娠しやすいって聞いたからまだ治療せず様子をみることに。

 

 

検査後半年は自宅で排卵チェックしながらタイミングをとってた。排卵検査薬が反応してるから、自分は排卵してると思ってた。卵がなくても卵胞があれば検査薬は陽性になるんだよね。本当は排卵してなかったりしたんじゃないかな?卵管造影後のゴールデンタイムってのも全く普通に妊娠せず過ごした。

 

 

不妊の検査の後、半年しても妊娠しないから検査を受けたレディースクリニックで治療を始めることにした。周りの人がお金をかけないで妊娠してるのに、病院に通って治療するってことに抵抗が若干あって、それまで病院に行けないでいた。自然妊娠に憧れてたんだね。早く治療を開始しとけば良かったのに。今になったらあの時こうしてたらって後悔がいっぱいだ。

 

 

ここのクリニックは不妊治療専門のナースの方がいて、いつも親身になってくれた。今まで出会ったナースの中で一番良くしてくれた方だった。ただ、先生はおっとりゆっくりした方で、妊娠せず焦ってる私からしたらなーんか合わない感じがした。エコーとホルモンチェック、尿検査でのタイミング療法。クロミッド使用を3周期、内膜の減少があったのでセキソビットに変更して2周期目で初めて妊娠検査薬が陽性になった!化学流産で終わったけど、妊娠出来るんだって嬉しかった!

 

 

その後、セキソビットでは反応が弱くなり、誘発剤をhmgに変更。人工授精を2回したけど撃沈。

 

 

初めてのレディースクリニックでの治療から10ヵ月、病院を変えることにした。私の住んでいる市内では一番不妊治療で有名なところへ。遠くて通えないと思い込んでたけど、意外と隣駅から徒歩圏内なのを知って、ちょっとネットでは先生の評判が良くないけど行ってみることに。

 

 

この産婦人科で初めて体外受精をすることになる。