AX

もぐら日記

低AMH・高FSH 顕微受精を経て妊娠した 35歳の日記

ブログ開設から半年


ブログを始めて半年経ったらしい。はてなブログからのメールで知った。


今年に入ってからこのブログを始めた。今年はおみくじの内容がすごく良くて、これは不妊治療もうまくいくんじゃないか?とすごくすごく期待していた。(私は毎年おみくじの内容を盲信している。)もう、子どもが出来ないことで悩まなくて済むんだ!良かった!と思い込んでいた。




お正月義実家に親戚が集まった。
義姉は妊娠してお腹が大きくなっていた。
私達夫婦よりずっと後に結婚した夫のいとこ夫婦が義実家に着いた時、みんなの様子からいとこのお嫁さんは妊娠しているんじゃないかと思い込んだ。自分達だけが妊娠していることを知らせてもらえなかったことに落ち込んで、その場に居ることが辛くて隠れて泣いた。実はいとこのお嫁さんは妊娠してなんかいなくて、ただ義実家は皆とても良い人達だから、普通に温かい言葉をかけて居ただけで、私の勘違いだったと後々分かったけど、その時はそんなことを知らないから自分達だけ妊娠を知らせてもらえなかったとすごく悲しい気分になった。






自宅に着いてからわんわん泣いた。もうずっと不妊治療をしていて、何回も採卵してもうまくいかなかったのに、おみくじの内容が良かったってことだけで舞い上がってバカみたいに喜んでしまった自分が悲しかった。他のみんなは簡単に妊娠出来ている様に見えて、私だけが苦しんでいる気がしていた。



そして気持ちの整理をつけたくてブログを始めた。不妊治療を始めてから既に一年半が経っていた。一年半、どこにも気持ちを吐き出さず自分の心の中だけに溜め込んでいた。何回も何回も泣いた。もっと早くにブログを始めていれば良かったのに。一人で悩まないでも良かったのに。ブログを始めることで気持ちの整理をつけることが出来た。辛いのは自分だけではないと気付くことが出来た。自分の書いた文章を見てくれている人がいることは、治療を続けていく上で大きな励みになった。





昨日、義実家に行って義姉と6カ月の姪に会ってきた。姪は身内の贔屓目抜きにしても本当に天使の様に可愛い。姪は義実家のアイドルで、姪の一挙手一投足に大人達は翻弄されている。夫も姪が大好きでずっと抱っこしている。私も抱かせてもらった。ニコニコしてご機嫌でプクプクで本当に可愛い。


自宅に帰ってから夫は、「モグラちゃんが〇〇ちゃん(姪)を抱っこしているのを見ると幸せだよ。前は、赤ちゃんをわざと遠ざけているように見えたから。」と言った。
私は、「嫌いで遠ざけてたわけじゃないよ?赤ちゃんも子どもも大好きだけど、自分達のところには赤ちゃんが出来ないことを考えると可愛ければ可愛いほど辛くなるからあまり触れ合わない様にしてただけだよ?」と伝えた。
夫は「そんなこと分かってるよ。モグラちゃんが子どもを大好きなことは出会った時から分かってたよ!(夫とは同窓会で知り合い、その時友達の子どもと遊んでいるところを見られていた)だから、モグラちゃんが昔みたく子どもと普通に接すれる様になって本当に良かったなぁって嬉しいなぁって思うよ。」と話してくれた。








それから二人で「今まで大変だったね。良かったね。チビがお腹に来てくれて良かったね。幸せだね。」と言いながら泣いた。







ブログを始めて本当に良かった。始めてなかったらきっとこんなに頑張れなかった。ここまで頑張ってこられて本当に良かった。